読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死と隣り合わせ

人の死はいつやってくるか
分からないけれど
いつでもいいようにして
生きていなければいけないと思う

今命が消えても
構わないが
少し無念が残る

いいわけにしか聞こえないだろうから
誰にも言わないが

残したい物だけは
残して死にたい

死ぬ時に誰にいて欲しいとも思わず

一人で静に消えたい

誰も知らなくていい

ただ、家族だけは宝だったと残したい
私の葬儀

一体誰がやることになるのだろう

涅槃
静寂に

死後
娘に
思いが伝わりますよう

私には心がもう無いみたい、人として終わっているみたい

2017
2月11日ばあちゃんが亡くなった
建国記念日の日
この日
私は変な夢で目が覚めた
自分が、最後のお別れを病院で父と母に言って
夢の中で涙を流していた
それに気がついて目が覚めた

2月6日に医師会に行った日はまだ
呼吸も苦しくなかった。
インフルエンザ、M、肺炎と最後は菌に負けた
それでも、良く頑張った姿は感じた
最後の最後までよく戦ったと思う
病室は教えてもらえなかったけど

生きてるばあちゃんに会っていて良かった
勝手に行ったけど会っていて良かった
自然とばあちゃんって呼んでた

昔のことは、もう感情的に思い出せない
というか
感情鈍磨だよ

葬儀で涙一つ出ない自分を
初めて知った
いや、義父の時も出なかったが
あの時はまだ、感情が動いていた
泣かないように。
今日はそうじゃない
あの時より
更におかしい
人間としての何かが亡くなっている
心が私にはないみたい
式中、みんなが涙する中
そう、小学生の子供ですら泣いているのに
私は
感情鈍磨らしい
まるで実感が無い
式中流れた曲はJIN
あの男がよぎる
昨日の夜3回アル中男から着信あり
何なんだ

予想するに
おばさんの命日が近く
何か言いたいのだろう

知るか
関係ないのに
なぜ執着するのか

無事に葬儀は終わった
火葬場に着くとあまりにあっけなく火葬に入った
人の死
人一人の人生の終結

子に孫にひ孫に囲まれて
幸せだったわね

私には子も孫もいない

私の終末は誰が喪主?
変な夢見たなあ
両親にありがとうを言い
その日にばあちゃんが亡くなった

次は誰の番か
考えたくは無いが
自然と考えてしまうのが定め

大事にしないと。
家ばあちゃん

後何年かしかないかもしれない
何が出来るだろう

骨は大きな骨がたくさん
大腿骨に骨盤

私の大腿骨
私の火葬の時にはどれだけあるのだろう

私の中の
感情
どこへ行った?

娘を無くした悲しさより
大きな悲しみはなく

涙を無くしてしまったみたい

そして、今の職場に慣れたせいか

独りと言うことも全く気にならなかった

私は私が親しんでいる
浄土真宗で人生の終結をくくれるのだから
これだけ幸せなことはない

しんどいのはアナ雪のせい?親子関係のせい?

昨日の夜からしんどい
正確には一昨日の夜から
一昨日、姪っ子と妹が帰ってきた
それはとても嬉しく気持ちも和むの

だけど
私と親の関係
妹と親の関係
なぜこんなに違うのだろう

入院中の祖母のことも妹とはあんなに話している

私が行きたいから病室教えてと聞いて
行かなくていい
と返事をもらってから
その話は触れてない
ひー婆にはいいんさんなよ

と口止めをされ
話すこともない

あこちゃんもアナ雪が好きね
子供はみんな好きよね

アナ雪
3人で最後に一緒に見た映画
息が出来ない

ありのままでー

娘の声で反復して聞こえる

何度も何度も
何度も何度も

苦しくて息が出来ない

朝起きてからも
ずっと繰り返す

頭の中をぐるぐる

なぜだろう
妹と目が合わせられない

ここへ帰った時は
以前はもっと距離が近かった

自分でどんどん遠ざけている

あこちゃんを見るのも妹を見るのも
苦しい

親子関係が背後にずっと付きまとう

昨夜も妹に何やら子育てのことを話していた
わしらーの頃とは時代が違う
あこちゃんのあの伸び伸びした顔を
ずっと続けられるように見てやれと

あまり聞きたくない

お前はどんな子育てしたのか
人に言える立場かと

良いことを言っているのに
私の心は荒んでいる

どうしても過去に囚われる

みんな私など居ない者だと思って欲しい

私はこの家や家族と関係ない

そう思わなければしんどくてしかたない

わたしはそもそも誰の者でも
誰の支配下でもない

住まわせてもらってはいるが
私は私

何も持たない

初めから

なぜこう言う会話になるのだろうか

昨日、リフォームの鉄骨の話を親がしてきた

あの鉄骨からつるすようなフックの様な物が要るんか
どのいなものなんかわからんが何かそう言う物があるんか

私は
まだ資格も取ってないし
テストも受けていないから
どういう物が要るんか解らない
と最後まで言い終わらないうちに

そんなことはええんじゃ
焦らせるつもりはない
ただわからんけー聞いただけじゃ


多分資格を取ってないという
一言目に反応して
話も最後まで聞かず応えを返してきた

ただ
3月にならないとどうしたらいいかわからんけ
わかったらこっちから言うね
とだけ答えた

この会話
どこがおかしいのだろう

なぜこんな会話になるのだろうか

違和感ありありで
また違和感ありありの空気が家中にただよう

とにかく
私は遠ざかる

関わらないようにする

ビクついている所から

妙な空気から

身を引く

支配から逃げるように

アル中男から逃れても

一生親からは逃れられない

一生逃れられない所へ住む居場所を移してしまった

まさかこの年になってまで
また支配され
ビクつくなんて思っても居なかった

動悸と息切れ
久しぶりに眠れない

朝も起きたら
この会話が頭を支配していた

リフォーム完成していた 支配は威嚇と威圧 海が好き

あれで全部しといたけーの

見てみ

何をしたのだろうか…

カーテンを付けたのだろうか…

見に行ってみると

鉄骨が出来上がっていた

どういう風にするのか
何も言っていないのだが

まだ私の頭の中は空白のままで

煮詰まってもいないし

資格も取ってない

3月に取りに行きそれからどういう物がよいのか

探そうと思っていたのに
もう勝手に出来上がっていた

なぜか要らないスペースだと思ったのか端までカーテンが付けられていた

まあ、着替えスペースにすればいいが

やってやった
あれてえかろ
有無を言わさず出来上がっているのだから

何も言えない

先日あれ以上のことはできんし、しらんけーの

と言われた
して欲しいなどと思ってもいない


居心地悪く
あまり顔を合わせないようにしていた

夕べ、おー久しぶりじゃの

白々しい

支配しているから
そう言う言葉の会話になるんだろうが

威圧感バリバリ
威嚇しているとしかとらえられない

向こうからしてみれば

何かしてやってもいっそ
せいがない

と思っているだろう

やってくれたことに感謝しているが

これでよいのか
どうかも分かりやしない

今日は娘の誕生日プレゼントを自転車に置きに行く時、学校から帰る娘を見た

少し待ち伏せしたけど
自分が娘にとって化け物にしか見えない事が

辛く

化け物は居ない方がいい
現れれば恐怖を与えるだけ
私があのアル中男が現れるのではないかと
怯えるように
化け物は化け物らしく消えていた方がいい
そう改め
暗くなってからプレゼントを自転車に置いた

海辺の匂い
私がパパとずっと暮らしていく匂い

私はやっぱりここがいい
もうここにパパと住めないなら

近くに住む家を探したい
老後は2人の側で死にたい

施設に入るなら
ここの施設に入りたい

それは大きな大きな力

支配など全く比べようもないほど

大きな力で

包んでくれる

海の見える場所に
パパと2人で建てた
洗濯物干しながら
深呼吸して
ベランダからいつも海を眺めてた

優しい光と
あたたかい眼差しで
海は私を見ていてくれた

夜は黒くて生き物みたいな波の上に

月明かりがなびいていた

少し怖くて
不気味で

でも新しい朝には

新しい海のエネルギーを
胸いっぱいに私に与えてくれた


やっぱりここがいい

やっぱり海が好き


ごめんね

ママ居なくなって

娘の誕生日と父の支配

14才のお誕生日おめでとう
まだ、後四時間後かな

あの日の夕方、まだ日が暮れてはなく
薄暗くなる頃、陣痛が限界になって歩いて病院行こうと思って
黒磯の橋まで歩いたけど歩けなくなってタクシー呼んだ
病院は目の前だけど仕方ない

病院着いて玄関入ったら破水した
車椅子で分娩室に連れて行かれた

それから23時24分
あなたが生まれた

嬉しかった
幸せで幸せで涙が出た

生まれてきてくれてありがとう


今日は1日昨日リフォーム完了した後の
掃除をしていた

昼前ばあちゃんと、温泉と墓参りに行き
帰って昼食をばあちゃんと食べていたら

親は具合の悪い祖母の病院から帰り
ヒートアップしていた

何にヒートアップしていたかは聞く限り

弟の仕事の車が故障したらしく

今日出勤してない

「今日は1日家に居る」
と言った弟の言葉を
何を勘違いしたか

出勤して事務所にずっと1日居ると
思っていたらしく

どこにおるんか、事務所におらんけど

今日は1日家に居るって言ったけど

わし、そんな話聞いてないど

子供の守りがあるけー出られん

かなり父は激怒した声だった

私は知らぬ振り

あんたにとっては事務所は家だろうが
弟にとっては須々万が家だろうが

勝手に解釈している父がおかしいだけの話だろうが

その後父は車のタイヤを冬用に交換し
夕方まで畑の取り込み

私は5時には夕食を食べ6時には風呂に入った

リフォームした事務所の入り口に衝立をしていたことを
あれで、狭くないのか聞いてみた

お前がああするって言いよったんじゃないか

はあ知らんど

あれ以上のことはせん

あれで、ええようにあいつ(弟)にも
言うて聞かせとくいや

だと

あんた何歳の子供に向かって言いよる

私は40、弟は38だよ

言って聞かせる

何歳の子供か

せいぜい小中学生だよ

いつまで、子供を支配しやがる

弟は支配などと思ってはいないだろうが

未だに「わしの目の黒い内は許さん、好きにはさせんぞ」

とまだ言っている

40になっても子供はその父親に従い

父親の考えの範囲内に無いことは

全く意見を言っても無駄

若い者の思考など
考えもしない

昨日は流しの床はコンクリのままの方がメリットが多いから

コンクリのままで言いと言ったら
あれでは倉庫の誇りが入るから

絨毯だの人工芝だの言い出したから

だれも倉庫を使う人間いないし
みんな歳をとって二階に上がらなくなるし
出入りすることもないのに
無駄な金を使わなくていいよ

と言うと

まだわからんど、わしがあいつ(弟)の歳には
バリバリにやりよった

過去の栄光か

父ならもちろんそうであろう
人を増やし人を使い

だけど弟は違う

仕事より家庭を優先する

バリバリやるなら今の年でやっているだろう
人を増やし人を使い

誰が今からまた会社を大きくすると言うの

話にならない

いつまで野望をもち
いつまで子供を支配し続ける

こうしやがらん
何で言わんのかのー
等という言葉

当たり前じゃん

支配されている人間は
支配している人間に従うのみ

従わなければ問題が解決せず
問題がおおきくなるから

何も言わない

それが私

だけど支配されていると思っていない弟には

ただ、単に
子供の守がある
車が故障している
だけの話で

出勤してないのも
仕事より家庭が大切だからで

支配など微塵も思ってないだろう

私はアル中男の支配から逃げたと言うのに

今度は父親の支配で一生を費やす

まあ、これから仕事を増やして

衣食住だけの借り物の家に住まわせてもらっていると思えば

なんの不満もない

寝るところがあり
食べられれば
充分

アル中男とは
寝ることも食べることも出来なかったのだから

それなのに
寝るところがあり食べられるものがあり
有り難いと思え

最後には生活費を返せまで言われた

それほど言うなら

毎日の介護ヘルパー代とマッサージ代を返せ

パワーバランスの強い方が弱い方を支配する

アル中男の支配下から抜け出しても

結局また、アル中男と同じ

父親の支配下にいる

馬鹿みたいだ

最低な年明け 悲しい光

2016大晦日の朝

スマホの電源は切っている

仕事場に着き電源を入れる

六時台にお誕生日おめでとう
今年はどんな年でしたか?
とメールあり

知るか
関わるなと言っても
まだ関わってきやがる
メールしてこられる心境が理解できない

2017年年明けは

快晴
初日の出を見にたくさんの人が出勤途中に出ていた

仕事場に着いてスマホの電源を入れる
六時台にメールあり
新年の挨拶も無視か!

いいかげんにしてくれ

なぜ新年早々こんな嫌な気分にならなければならない
上げていこうと思っていた気分は
一気に落ちた

一日中眠いばかり

まあどうせもう上がることなどそう無い

インドに行くときくらいなものだ

パパと見たサンマルコとサンピエトロに
ナポリ

時が経っても凄かった物は消えない

強烈に残っている

ここ数年でみた
日本の神仏は
ほとんど記憶に残っていない

ただ、どこか分からない寺や神社の
庭やお堂や山門が
映像として移り変わり流れるだけで
どこだが解らない

インドのタージマハルもアグラ城もバングラサヒブも凄かった
消えない

パパありがとう

また一緒に行くんだけどなあ

もうパパは妻がいるのよね

私は1人でも見たい物は観に行くから

大丈夫

パパも家族を海外に連れて行くんだろうね

でもその習慣は私から始まったはず

あの時、私がイタリアに行ってくると言ったとき

パパが自分も連れてってって言った

びっくりした

でもその後

でも、自分お金無いって言った

全然構わなかった

パパを連れて行くくらい
お金の心配なんて全く無かった

あの時パパが自分お金無いから帰ってくるの待ってるねとか
行ってらっしゃい
で終わってたら
パパと家族にはならなかったのかもしれない

私に縋ってくれたの嬉しかった

1人で行くつもりだったから
まさか連れてって何て言う男の人がいるなんて想像もしてなかった

ありがとう
楽しかった

アル中男のメールに脅かされるのも

娘の誕生日に一緒に居ない事が苦しいのも

過去に囚われているから

パパ・・・

パパと行った所へ

3人で行きたかった