読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日は娘の14歳の誕生日 今さら何をしようとしているのだろうか

明日は娘の誕生日
なのに私は一緒に居ない
パパと3人でどんな14歳を迎えたのだろう
明日はパパは仕事
今日までの週休にまた、杉の井にでも行ったのかな

前はパパの出勤日に出会うのが嬉しかった
パパを見られるから
出勤日は私が病院勤務に行く朝は必ず御庄に抜ける道のトンネル前後で出会う
でも、運動会で会話して以来
自分が化け物で中身のない人間と分かり
パパとすれ違うのが苦しくなり
パパが通る前に、病院方向へ左折するようになった

一緒に居たかった
一緒に過ごしたかった
一緒に思い出造りたかった

なのに
私は今、実家で
父親にリフォームをさせている
60を過ぎた父親にまだ何かさせている

私など居なくなればいいのに

今日もまだ生きている
夕方1日が暮れる頃
この時間になると鬱のゴールデンタイムなのか
今日もまだ生きてしまった

また、死ねなかったと
沈む時間になる

それが耐えられず
早い時間に寝る
寝てしまえば新しい夜明けが来る

寝てしまえば
新しい朝が来る

棺桶に首まで突っ込んで
頭だけ出して生きている人間に
何が出来ようか
首まで棺桶の中に突っ込んで
所詮、頭一つ出してあがいているだけのこと

今さら父は私には何を期待していようか
今からでもやってみー、何でも出来る
そのような言動や
客商売なのにそんなことでつまるか
などの発言は葉っぱをかけているつもりだろうか

残念だが
心が死んでいる人間に
悲しいや嬉しい、楽しいなどの感情はあまりない

何故生きているのか解らない人間に

一生懸命リフォームをしてくれて有り難い

この半年でありがとうの感謝の気持ちも
何もあまり感じなくなっている

ここへ帰ったころはあったのに

今では

ここは親のもので
私は居候
住まわせてもらっている
自分の好きに出来ることなど何一つない

あのアル中男との生活で昔育った環境を思い出し
パパとの生活が間違っていると指摘された

今では
また父親の支配下
母親の支配下で生活している

苦しくても
父と母の顔を伺い
至らない私の首を突っ込む範疇で無いことには

聞いていない
関わらないようにし

窮屈だが
アル中男の支配下よりは
まともで
衣食住や仕事を奪われる心配もない
従わなければパパや娘に何をする
などと脅かされることもない

私がここに居ることは

気を遣う事だろう

頭でっかちで中身は何もない

価値のない人間が今さら何をしようと言うのだろうか

化け物は
化け物らしく

いつまであがくのだろう

無駄なことは分かっている

だから迷惑をかけているだけなのに

私は今更なにをしようと言うのだろうか

何が出来るというのだろうか

中2の冬休み

どんな冬休みを過ごしていますか?
部活や塾、頑張っていますか
クリスマスはどんなプレゼントをパパにもらいましたか
ママはずっと3人でクリスマスやお正月を過ごして行けると思っていました

もう、二年前になりますね
パパがママに最後のプレゼントに
プリンスホテルで温泉とディナーをプレゼントしてくれた
ママはあまり最後だと思っていなかった
家族として絶対に繫げて行ける
と思っていた
家族だから心が離れる事は無いと思っていた

だけど、2人の✉のやりとりをみて
私は要らないのだなあとも思いました

あんなのいらない
ウザイ
何しに来たのか分からない

たくさんのあなたの✉を見て
ママは娘にもうそんな風に思われている
というショックと共に
毒母は居なくなった方があなたは幸せになれる
そう思うようになってた

3人は幸せだった
あたたかかった

あの日、ディナーで食べたハンバーグ
大好きなはずのハンバーグが腹痛で食べられなかったのは
ママのせい?
ごめんね

あんなこと、1度も無かったのに
食べられないほどのストレスを娘に与えていた毒母

私など居ない方があなたは伸び伸びできる
私はあなたに規整ばかり
圧力ばかり与えていた毒母だったのだと思う
ごめんね

最後に2人で入った温泉
あの日のあなたの成長した姿が目に焼き付いています
小さかった手がもう、私と変わらない大きさになってた
指や爪も私と同じ
自分の子供の頃の手を見ているようだった

何もしてあげられなくなった今

思うことは
あなたが幸せならいい

パパはツリーをいつものように飾り

プレゼントを用意したのかな

パパはいつもママにステキなプレゼントをくれたね
パパは私の事を良く分かってた

ありがとう
また、2人でイタリアや、今度はスペインやドイツ、ギリシャも行きたかったな

ホンコンマカオの女人街や3人で立ちたべしたお店が、忘れられず
3人で過ごしたたくさんの映像や、
たくさんの場所が毎日毎日走馬燈のように
頭の中を
流れていく

あなたたちと一緒に居たときには
こんな現象は起こらなかった

1人になり私の頭の中は映像で埋め尽くされ
常に次から次へと、映像が切り替わっていく

年が明けたら14歳ね
ずっとクリスマスや新年、誕生日を3人で祝える事が当たり前だと思っていた

ごめんね

でも、あなたたちの幸せを壊す人は誰も居ないから大丈夫

パパが新しいママを連れてきたから

あのアル中男が
パパの仕事を奪うことも
やあなたが学校に行けなくなる事も
家に火を点けられる事もない

私がそこへ帰れないから

もう2人に何もしない

私が帰れる心配があるうちは
手術を受けてはくれなかった

そこへ帰れなくなりやっと手術を受けた
だからパパは新しいママを連れてきて、良かったのだと思う
それはママにはショックだけど

ママはお蔭で、このアル中男の手術が終わり
去ることができた
やっと逃げることが出来た

逃げれば2人に何かされる
という恐怖心から脱出できた

私がそこへ帰らなければ
何もしない

新しいママが来てくれたから
あのアル中男がそこへ中をする理由も亡くなった

だが以降、実家へ刃が向いた

アパートを借りてからはアパートと職場への被害と恐怖が絶えず

半年で引き払い

岩国から住む場所を遠ざけた

遠ざけてからは容易に来れる場所ではないという安心があった

だけど、今でも職場からの帰り道待ち伏せしているのではないかという恐怖から
周囲を気にし
顔を隠すようにして駐車場まで早足でいく

いつまでたっても恐怖心から抜け出せない

ただ、2人が新しい道を幸せに歩いているなら
ママは幸せに思うようにしています

消えない怒り 心配心配って自分の心配だろ!

クリスマスまでの怒りとは違い、少し収まった怒りがまだ続く

クリスマスも正月もいらない
クリスマスのクの字も聞きたくない

クリスマスも正月もめでたいことなどもう何もない
この数年
この二つのイベントの日は最低な日だった
それがイヤでも思い出され
苦しくてたまらない

家族と居た娘との幸せな思い出
パパとの結婚記念日

幸せなたくさんの思い出に対し
亡くした苦しみと

この二つのイベントに対し
キリストがマリアがどうのこうの
くだらない説教と
餅つき行事に対して
行かせない説教
でも、このアル中男のに行くなと言われて行かない理由が意味が分からない
なぜお前に行ってはならないと言われなければならないのか
こちら2人の生活と
実家の行事どっちが大事か考えてみろ
あなたは沖家に来とるんど
意味が分からない
沖家に嫁ぐ気も無いし
籍など入れたくもない
なぜお前に実家へ頻繁に行き過ぎだとか
行くなら盆正月くらいな物だ
それも、今は行くべきではない
など意味が分からない
だから私は朝起きたら支度して行く
捕まらないようさっさと出る

びくびくしながら帰ると
監禁、脅迫、説教
飲食、風呂、睡眠の禁止
仕事も休めと言われる
目の前で電話をかけさせられる

このようなことで何度逃走を図っただろうか

よみがえる記憶と
殺したいほどの怒りが

収まらない

それなのに
このアル中男
連絡もくれない
心配しています
などの✉をまだ送ってくる

ばかじゃないか
いつまで✉してくる
いつまで無視すれば
終わるのか

腹が立つ

お前が心配しているのは
私の事ではなく
あんた自身の身のことだろ

自分の世話をしてくれる都合の良い人間に逃げられたくない心配だろ
もう一切、私に関わるなとあれだけ言っても
都合のいいように理解して
✉してくる

自分の心配をしてもらいたくて
心配していますなどと
白々しい✉してくるのはいい加減辞めなさいよ

今は分かる
ずっとそうだった
心配心配と私の事を案じて居るような優しい言葉を良く言ったが
心配なのは自分の心配をしてくる都合の良い人間がそばに居なくなる心配と恐怖だろ

馬鹿な私はそのまま言葉を鵜呑みにしていたが

だからあらゆる汚い手を使い
操る手段を使う
本当に心配しているなら
パパみたいな発言や行動をする
なにが相手に取って良いのかを考える

パパが言ってた
馬鹿なやつにいつまでも付き合ってはおれん
私とアル中男に這いた言葉だけど
本当に、その通りなのは分かっていた
なぜアル中男の馬鹿げた事に付き合い
手術を受けさせるまで我慢してきたのか

あまりにくだらなすぎて
そんなくれない事に家族を巻き込み亡くしたのか

家族を間接的に巻き込んだが
直接的には巻き込まなく済んだことだけは良かったと思う

去年2015と今年2016のクリスマスどちらも・・・

今日はクリスマス。
2015年去年のクリスマスを良く覚えている

クリスマスの日は今後死ぬまで最低な日になるだろう
今日のイヴの日いつもの餅つきとクリスマスを実家でする恒例行事
昔は年末にしていたが
孫が出来てから餅つきとクリスマスが一つになった
娘と居た12回の餅つきとそれ以降も続けていた
去年この恒例行事に来るためになぜあのアル中男に断りを得ねばならないのか解らないが
もう脱走する前にいざこざを起こして脱走できなくなるのが怖くおとなしく断りを得て参加した
実家には餅も野菜も何も要らないと言え
何も持って帰るなよ

そう言われたため、持って帰って棄てられるのは1番悲しいから何も要らないと言ったが
母がケーキを1ホール持って帰るようくれた

どう隠そう
どこに隠そう
恐る恐るアル中男の家に帰ると

案の定
今何時と思っているのか
餅つきなんか朝早くからやるんじゃ
昼には終わるはずじゃ
説教がはじまる

今年はどう言う年が分かって餅つき行っとるんか
沖家は喪中ぞ
2月に叔母さんが亡くなったんど
それなのに餅つきなんかよー行けるの

すぐにケーキを押入に隠し

おとなしく説教を聞く
口答えする気もしない

ばかばかしく付き合ってはいられない
とにかく無事に乗り切り仕事に行けなくなる事だけは何とかしないと

話にならない相手に話をするエネルギーなど無い

風呂に入っただろうか
風呂に入れなくなることを避けて帰ってすぐに入ったような気がする
それは前年だっただろうか
もう覚えてない
とにかく無事に説教が終わり
仕事に行けなくなる事だけは避けたい、いつここから逃げようか、それしか無かった
10月に手術を終えて退院して帰ったその日から
待ちきれなかったように酒は始まった

バカじゃないか
酒のせいで手術して人工にしたのにまた酒か
いい加減にしろよ
私の頭には手術してこの男を社会に戻せば家族の元へ帰れる
役割と約束は守ろうと思って我慢してきた
だが、退院した日から馬鹿馬鹿しくて仕方なかった

社会に戻るなどありえない
酒ばかり飲んで自分を滅ぼしたいなら好きにせいよ

アホらしい
こんなアル中男のをまともに戻してから去ろうなどとずっと思ってきた想いは
もう消えてしまっていた
とにかく住むところを確保し徐々に荷物を運ばねば
直ぐには出られない
もう、娘の所には新妻が居るからあそこに被害は無いはず、だが実家へ行けば、実家にとばっちりがいく
あの父とこのアル中男ではまた何が起こるか分からない

そんなことばかりで
説教中に逃走の索しか頭に無かった

説教は朝まで続き次の日も一日中続いた
寝ることも食べることも許されなかった
餅つきの昼にこうなることを分かっていたから、おでんをたらふく食べていた
案の定だった夕食はなし
睡眠もなし
次の朝、隠れてケーキをむさぼった
四分の一スプーンて口に放り込んだ

昼は食事なし

説教が終わらずイライラし

夕方になってもまだ続く

明日は仕事

焦り始める
どうにかイライラと焦りを収めるため
また、ケーキをむさぼった

二分の一食べ気持ち悪くなった

翌朝、男が寝ている間に残りの四分の一をむさぼっり仕事へ行ったような記憶

人生最低なクリスマス

今年はのクリスマスは参加もしなかった
仕事から帰るといつもと変わらなかった
ただプレゼントをもらった

私が参加しなかったのではない
私は参加したくて勤務希望まで出していた

だけどくつがえされた

まあ私が居ない方がみんな気が楽だろうからこれで良かったのだ

失ったもの。離婚したなんて未だに思えない理由

弓子の、母親は厳格、過干渉であった

「君は俺から逃げられない、お前を殺し子供も殺す」

このままではいつ子供に危害を加えてもおかしくない

自分の人生をなくしてでも子供を守りたかった

弓子:
アキさんと二度と合わないと約束出来る?

本当のお母さんの事、知りたいんでしょ

なら義母を捨てる覚悟がないと。

あの女は目的のためなら何でもするぞ

もう、かずき君は本当のお母さんと暮らすことを決めました


あんたを置いて男と出て行ったのはうそ

そうでも言わないとあんたが踏ん切りがつかないから
あんたを借金取りに巻き込まなくてよかった


一緒に暮らすだけが正解じゃない

何が1番あの子の幸せになるか考えて答えを出してやんな

という砂の塔のセリフ

もう苦しすぎる





私に向かいアル中男は言った

「ここまで世話しておいて1人で生活出来なくしておいて逃げる気か!逃げられると思うなよ!
旦那は明日から仕事できんようにしてやる、娘は平気で学校に行けると思うなよ!逃げるなら娘になにするか分からんぞ、あの家にのうのうと住めると思うなよ。逃げるならあの家に火を点けてやる」
それ以降、私は言いなりになった

このアル中男と結婚するつもりもなく、暮らせるとも思わないのに

家族の元へ帰れない口実が必要だった

私が家族の所へ帰れば主人と娘に危害が加わる

私達の幸せな家が燃やされる
2人に何かされるくらいなら

私が犠牲になればいい

それで済むなら2人に危害はない

2人に何もされず、今まで通りの安心した生活が出来るなら私など別にどうなろうと構わない

離婚などする気は全く無かった

だが

何故離婚しない

いつまで待たせるか

無視し続けた結果

仕事をキャンセルさせられる

食事睡眠入浴の禁止

明日までに離婚届けを持ってこい

焦って用意し持って行くと

今日中に提出しろ

わしの目の前で提出してくれ

提出すると

荷物を一つ残らず家から持ち出してこい

居る物最低限しか持っていかなかった

これだけだからというと

そんなはずはない

わしが行って持ってくる

と言われ

このアル中男に私たち3人の家族の家に
一歩たりとも近づいて欲しくなく

言いなりになり、荷物を持ち出しにいく

荷物の少なさにバレているのだから仕方ない


持ち出しても
本当にこれだけかと言われた

弓子もそうだが

先手先手を打ち

仕事、衣食住を奪い、
人の心理を上手く利用し
身動き取れないようにされていた

このアル中男、歴史物が好きで

よく解説をしていた

私には興味が無く

いつも人はそんな計画や策略をする物ではないと思っていた

それを伝えると

何をきれい事言うか

みな人間、計略と策略じゃないかと

意味が分からなかった

その本当の意味に気付くのに3年かかった

このアル中男に出会い

訳も分からず家族におよぶ危害と
自分の仕事へ行けなくなるお客様に迷惑をかけることを避けるため
自分の築いてきた家族と仕事を守りたくて

言いなりになる

離婚届けを出してからは

更にエスカレートした

家族の所へ帰りたくて何度も脱走した

だけど家族の所へ帰ると

脅迫、泣きおとし、助けて、入院した、
などなど、私の知らない人間や、知らないアドレスから多くのあなたは最低な人間呼ばわりたるメールが入る

私がおかしいのか、私が間違ってるのか、

家族と一緒にいたい

家族と一緒だと、安心できる

なのに、家族といる間もお構いなしに入るメールに
左右される
あなたみたいな人間1番つまらんのじゃ

1番価値がないんじゃ

あんたみたいな母親が
何も1人では出来ない自分の意思のない子供にするんじゃ
可愛そうにの
あんたーみたいな人と仕事する人はやりにくかろう
何でも1人でやってしまうけーの
などなど散々言われたが

実際そう思っていたのか
策略か知らないが
騙されている事に気が付かず

本気にし、助けに行く


その繰り返しを何度したか

その度に家族の信頼を失い

仕事を、失い

家庭での私の居場所を、失っていった

ずっと言ってやりたかった

あんたみたいな人間が1番つまらんクズよ

人の事をどこまで馬鹿にしコケにされたか

あんた、人の事をどこまでコケにしているのか気がついているの?

どこまでコケにすれば気が済むのだろうか?

そんなに死ぬ死ぬ言うなら死になさいよ

もう終わりと言うなら

もう人生辞めなさいよ

そう言ってやりたかった

だか言えずにずっと支え助けた

そのために

自分の人生無くした

1番大切な娘と主人とあったかい家族の家を無くした

家は家族3人の絆だった

つまらない他人の言うことを真に受け

相手にしているうちに

1番大切な家族を無くした

私は家族にとって憎しみの存在に変わった。

母親ならスキを作るなよ

それでも母親か?

私があなたの変わりにあの子達の母親になるから

あなたはもう帰って来なくて良いわよ

私の方があなたよりずっと母親にふさわしいわ

あなたが母親だとあの子達を不幸にするだけよ

私はあの子をずっと見てきた

四六時中子供の事を見ているのも思っているのも無理なら母親辞めなさいよ

私なら家族を、守るためなら何だって出来るわ

あの家にあなたの居場所はないわ

この13年母親しかやって来なかった

でも全部思い上がりだった

ただ、子供につらい想いをさせただけ
私は母親になってはいけなかった

家族だからほったらかしにしても

心が通じているってのは思い上がりだよ

毎日愛情込めて、ほころびがあれば

手入れしてやっとなんとかしてつながってんだよ
 
という、砂の塔のセリフ



全く同じ様なセリフ自分の身にあった

母親ならスキを作るな、それでも母親?

あんたみたいな母親一番最低だ

だからあんな娘になるんじゃ

自分の意思がないあんな子供おらんぞ

このアル中男のいいなりになるまでは
四六時中子供のことと、家庭のことが中心の
母親しかしてこなかった11年だった

それが13年で何もかも終わってしまった

あの子は私の分身だった

私の体の一部だった


この、お母さんの言っている

事が、今になって身にしみる

家族だから絶対心は離れないと思っていた

それはわたしだけだった

2人にとって私は憎しみの存在に変わった

恒例行事にとらわれ、大事にするから馬鹿を見る

元々、餅つきなどの毎年恒例行事にとらわれ

それを大事にしよう
大事に思っているから

それがストレスになる

元々そんなものが無かったとすれば

ストレスにはならない

毎年恒例の、クリスマスも

家族と一緒、娘と一緒の

成長を感じる幸せな、恒例行事だと思っているから

結婚記念日だから

それが無くなった今
ストレスに感じる


元々そんなもの無かったのだ

何も無かったの

自分を大事に思ってくれる家族を

私は無くしたのだから

本当に無くなると思わなかった

今では、新しいママが娘と暮らし

新しい恒例行事を催行している

私がここに存在する意味がある?

厄介者は居なくなれば

みんなが気を使わなくてすむ