妹にもこんなことをするのだろうか

東京からかえり、石垣へ行く間の休みに
母が美容院へ行った
その間に父は私をマッサージしに来た
確か二ヶ月前くらいもそうだった
あの時はリビング
今回は私が部屋に居るとき
前回は何も思わなかったが
今回は汚らわしいおぞましい過去がまた甦った

膝までの短パンの下から手を入れ太股をもみ
さらにパンツの下に手を入れ尻を揉む
親指は恥骨の方まで来て

もう良い

と辞めて貰った

何なんだ

おかしい

42にもなって

気が付いたら

父親の手が短パンの下から更にパンツの下から手を入れて

ぞっとした

42の娘をどう思っているのだろうか

34の妹にも同じ事をするのだろうか?

キチガイ、近親相姦、頭の中をぐるぐる駆け巡った

何なんだ!

未だに何なんだ!

石垣島 何の心の栄養にならないこんな旅に何の意味があるのだろう

東京へ行き帰って
元職場の福岡で友人と会い
石垣島へ行く
福岡ではコインランドリーに荷物を預けるのに600円、食事を奢って
インドへ行けないから有給を持て余して
有給消化するだけ
何も心を動かされることのない日本
何の感情の変動も起こらない国内の旅
サップヨガももうあまり熱がなく
ただ、多分海旅もこれで最後になるだろう
行く前の福岡空港
背筋のスッと伸びた
人たちの多い都会
家に帰ってしまうと
ちゃんとしようという気持ちもどこかへ行ってしまう
しっかりしないと

もう国内で無駄な時間とお金を浪費するのは辞めよう
何の心の栄養にならないことが
よく分からなかったよ

東京へ行ってきた

昨日一昨日と東京に行ってきた
今日は空白の1日
疲れているだろうから休みにしたけど
こんな休み要らなかった
ただただ辛くやるせなく切なく
気持ちのやり場がない
寂しさと
悲しさと
そういう運命だという事に
沈むだけ
想いを1つに出来る時間はその時だけ
後は何も分からないし
知ることも出来ない
悲しく淋しく
どうしようもない
こんな空白の1日は要らない
辛すぎる

生きてる意味

私は何なのだろう
生きてる意味ある?
家族、
それは大事な存在で
唯一自分を案じて何か起きたときに
助けになり支えてくれる存在
家族でもないひとの支えにはなれないわけで
何も出来ないと言う現実が
ただただ見えるだけ

だからと言い、
私に何かが出来るのか
一人の人間に対して
真剣に向き合えるのは家族だけである
そうでない人間は
感情を無にして
無いものだと大人しく言い聞かせる

どこか、ここではないどこかへ消えてしまいたい
笑って、人を信じて生きられる場所へ

石垣はそんな所になるだろうか
どこに行っても自分が変わらないと変わらない

苦しい
一人で好きに出来るなら
苦しさは減るだろう
ただ、孤独である
一人で生きる道を探すなら
本気になるだろう
無い未来を待つより
本気で生きる道を探す方が良いと思う
死んだように守りに入り
遠慮して
肩をすくめて言われることに従い
いつまで?

公務員一家と聞いてから、おかしい
穴水さんを思い出したり空想したり
頭の中がずっと騒がしく
落ち着かない
ふたりで頑張って来たのだから
ふたりで頑張ればいい

未来はないのだと
本当に思った
確定した
夫婦ふたりで頑張って来た
奥様は頑張り屋さんじゃない
出来る人よ
私は足元にも及ばないしっかりしている奥様
だからそんな素敵なあなたが居るのよ

荒んだ気持ちが粗雑な自分を作り出す

生き甲斐がない
生きている意味が無い
何を食べれば良いか解らず
あるものをどうでも良いからお腹に入れ
あるものを処分するように体に入れ
そんなことをしているから
貧血を起こして
今後ずっとつき合っていかなくてはならなくなった
貧血を改善しようと
たんぱく質や大豆、肉を取れば
子宮筋腫の餌になり
良いと思って採る豆乳も子宮筋腫の餌になり
もう解らない
ただ、糖分だけは筋腫の餌とデブの元
これだけは制限しないと
危機状態だから甘いものが欲しくてたまらないのだから

インド愛だけが私の心をすくってくれている
毎日インドが離れることはない

今更なぜ、私達の幸せを滅茶苦茶にするの!

数年前に親に言われた
今更なぜ私達の幸せを滅茶苦茶にするの!

その言葉は
あのアル中男の言いなりになるしかなかった

親からこんな言葉は聞きたくなかった
こんな言葉がよく娘にと言えると思うよ
信じられない言葉

こんな言葉が今日は蘇り蘇り
むしゃくしゃした気持ちが収まらなかった
何故言われなければならない
あなたの選んだ道でしょう!
あんたが1番良くして貰って育った!
等という
母親の発した言葉

娘を売って
よくもそんなことが言える
私の娘と主人にもよくあんな手紙が書けたものだ
いくら父親にこう書け!と言われたからと言えども
あまりにも低いレベルの親の思考に
嫌気が差す
なぜだろう、今日は甦って仕方ない
何がきっかけで蘇っているのか解らない

看護師長さんの家族話を聞いたからだろうか
それしか思い当たらない
子供が高校二年と中学生と聞いたからだろうか