読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アル中男への怒りが治まらない

みふゆ、春休みになるね
3人でどこかに行くのかな
行きたかったな

パパはもう「なんか良いことない~」
って言ってないかな

新しいママなら私と居た時みたいに
言ってないかもしれないね

おひな祭りもして貰ったかな

桜餅大好きだったよね

ありがとう

最近

行き場のない怒りが
どこにもぶつけられない怒りが
いっぱいいっぱいになっている
どうにかして吐かせないと
やばい気がする
仕事でもいっぱいいっぱい
息が出来ない程忙しいしモンスターだらけだ
難病障害者の食事介助から始まり

時間を取られ
その50男に
「何で行くん、ここにおって、一緒に帰ろう、外行こ、エッチしたことない、何か変わる?昼からも来て、体ふきに来て、下の世話して、なんできてくれんのん」
辞めてくれ、まるで子供だ。だだをこねる子供だ

病院務めを再会して一年半の今ならこんな男
アホらしくて相手にしていられない
付き合ってられないしうざいくだらないことに時間を取られ会話を切るにも頃合いをみないと切れない
他の仕事にも行けない
なんとアホな男に3年も費やしたな
だがただ駄々をこねるだけならまだかわいいものだ
あのアル中男は
この50男に加えて
家を燃やす、娘と旦那に手を出す、生活できんようにしてやるなどの
脅迫まで加えた
今の私なら相手にしていない
本当にアル中男をどこかに追放しなければ怒りが納まらない
何かやらかしそうだ

それに追加で
昨夜、父が
明日は休みか
鏡の位置をちゃんと確認して聞いておかんと
付けられん
と言ってきた

確認したじゃない

ここしか付けられんね
柱のあるところで合わせたらいいね

って話で終わっとるよ

辞めてくれ

この男も
酒を飲んでから話をしたことは
覚えてない

アホらしい

まともに対応するこちらは馬鹿みたいだ

アル中男と変わらない

兄貴が酒辞めてた
ならお前もやってみ

辞められもしないやつが
大きな顔して威圧するな

アル中男がたちが悪かったことが蘇る

娘の所に帰りたいと言うと脅し

帰れないよう口実を作る

「明日は隠岐の島に行く、フェリーの予約しとけ」
と、予約を夜遅くになり取って寝て、翌朝起きて支度をすれば
「どこいくんか、なにしよるんか」
お前がフェリーの予約しとけと言い
支度しておけと言ったんだろうが

「わしはそんな話しらんど、誰か男が来取ったんじゃないか、そいつとなにはなしたんか、」
馬鹿みたいだ
あれほどこけにされ、馬鹿にされ、
酒を飲んで言った言葉など覚えてもいない

それをまともに受け手配や準備

酒が切れたら
何も覚えてない
どころか
誰と話しよったか
誰と風呂入っとったか

など
だれも居るはずもないのに
こんなアル中男
話をするのも
めんどくさい

無視しかない
無視すると
怒り出す

父がきっかけで
アル中男への怒りで目が覚める
まだ3時半

たまらない

パパのお酒飲んだ後は
可愛かったなあ

でも今は
新しいママと2人で晩酌してるのかもしれない

みふゆは幸せ?
みふゆの心を知ることができなくなったけど
みふゆの心を知りたい
あなたが私を精神病扱いし
近寄って欲しくない想いは
私がアル中男を消えろと怒り狂う思いと同じだろうか