読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜこう言う会話になるのだろうか

昨日、リフォームの鉄骨の話を親がしてきた

あの鉄骨からつるすようなフックの様な物が要るんか
どのいなものなんかわからんが何かそう言う物があるんか

私は
まだ資格も取ってないし
テストも受けていないから
どういう物が要るんか解らない
と最後まで言い終わらないうちに

そんなことはええんじゃ
焦らせるつもりはない
ただわからんけー聞いただけじゃ


多分資格を取ってないという
一言目に反応して
話も最後まで聞かず応えを返してきた

ただ
3月にならないとどうしたらいいかわからんけ
わかったらこっちから言うね
とだけ答えた

この会話
どこがおかしいのだろう

なぜこんな会話になるのだろうか

違和感ありありで
また違和感ありありの空気が家中にただよう

とにかく
私は遠ざかる

関わらないようにする

ビクついている所から

妙な空気から

身を引く

支配から逃げるように

アル中男から逃れても

一生親からは逃れられない

一生逃れられない所へ住む居場所を移してしまった

まさかこの年になってまで
また支配され
ビクつくなんて思っても居なかった

動悸と息切れ
久しぶりに眠れない

朝も起きたら
この会話が頭を支配していた