読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は家族にとって憎しみの存在に変わった。

母親ならスキを作るなよ

それでも母親か?

私があなたの変わりにあの子達の母親になるから

あなたはもう帰って来なくて良いわよ

私の方があなたよりずっと母親にふさわしいわ

あなたが母親だとあの子達を不幸にするだけよ

私はあの子をずっと見てきた

四六時中子供の事を見ているのも思っているのも無理なら母親辞めなさいよ

私なら家族を、守るためなら何だって出来るわ

あの家にあなたの居場所はないわ

この13年母親しかやって来なかった

でも全部思い上がりだった

ただ、子供につらい想いをさせただけ
私は母親になってはいけなかった

家族だからほったらかしにしても

心が通じているってのは思い上がりだよ

毎日愛情込めて、ほころびがあれば

手入れしてやっとなんとかしてつながってんだよ
 
という、砂の塔のセリフ



全く同じ様なセリフ自分の身にあった

母親ならスキを作るな、それでも母親?

あんたみたいな母親一番最低だ

だからあんな娘になるんじゃ

自分の意思がないあんな子供おらんぞ

このアル中男のいいなりになるまでは
四六時中子供のことと、家庭のことが中心の
母親しかしてこなかった11年だった

それが13年で何もかも終わってしまった

あの子は私の分身だった

私の体の一部だった


この、お母さんの言っている

事が、今になって身にしみる

家族だから絶対心は離れないと思っていた

それはわたしだけだった

2人にとって私は憎しみの存在に変わった