読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は無能者 無価値

f:id:mifulove:20160910144911j:plain
たくさんの思いが溢れているのに
かき消す

何もなかったように

仕事が終われば帰り、風呂に入り、寝る

話をすることも面倒で、誰とも話したくもない。

ただ、今が辛く、寝てしまえば明日が来る

明日が来れば、仕事へ行く

一緒に居るはずの家族と一緒に居ないことが、未だに消化できていないストレスと格闘すれば、
苛立ちで自分を刺し殺したくなり、
それから逃げるためには眠るしかない

両親の優しい声かけは
自尊心を、傷付ける言葉にしか聞こえず

ますます苛立つ


あなたは無能だから
あなたは可愛そうだから

娘を生きられない程追い込みたかったら
追い込めばいい
情けなく耐えられなくなれば私は死ぬ

その苛立ちを隠すために、顔も見ない行動になる
自殺に追い込みたければ、もっと私を無能者にするがいい

もう、私が幸せだった家族の元に帰れる日はないのだから
愛する娘にお弁当さえ作ってあげられない
抱きしめることもできない

夜中に涙で目が覚める
頬を伝って何度も落ちる

私は娘にとって最低な人間
生きてるだけで遺族年金が入る祖母

死んで保険金が下りて価値がある私